アイスクライミングをやってみたい

冬しかできないアイスクライミングを楽しめる場所

アイスクライミングとは

アイスクライミングをやってみたい。しかし、どこでもできるような単純なものではなさそうだ。 やはり、できるところは限られている。何か所かできるところ、そして練習できる場所がある。 八ヶ岳にはいくつかスポットがあるようだ。 しっかり知識を得、しっかり練習し、体験してみよう。

まずはクライミングを経験してみよう

まずは、ロッククライミングの練習をしよう。と言われても、どこでやったらいいかわからい、という方もいるでしょう。 手近に、ボルタリングをやっているところを探してみよう。 ボルダリングとは、高さ4M程度の壁にホールドと呼ばれる出っ張りがあり、そのホールドを使って登るスポーツです。

冬山登山の一環として

アイスクライミングは、登山の一環として一部の先鋭的なクライマーのみに許された特別な世界でした。 冬山登山の技術を磨くことが目的でした。 最近ではスポーツとして、一般の人でもできるようになりました。 しかし、簡単ではありません。技術と冷静さが必要です。

手軽に楽しめるスポーツではないので、ぜひ知識を養おう

アイスクライミングとは、凍った自然の滝や人工的に作られたアイスキャンディーと呼ばれる氷瀑を道具を使いながら登ること。
真冬しかできない冬季限定のアクティビティである。氷には2種類ある。高山氷と水氷である。
高山氷は、山から流れてくるもの、滝などが凍ったもの、水氷は沢などの水が凍ったもの。
基本的には二人かそれ以上でパートナーを組み、互いにロープで結んで、安全を確保しながら登るもの。
冬山登山の基本のやり方である。冬山を登頂するための技術である。
現在では、アイスクライミングそのものを目的として人工的に作られたアイスキャンディーという練習場所が作られている。
この場合は、安全確保はスタッフがやってくれるので、一人でも可能である。
冬山登山とクライミングの両方の技術、経験が必要である。
簡単にできるものではない。これをしっかり認識しておこう。
中途半端に面白そう、かっこいい、などの理由で始めると、大きなけがにつながることを認識しておこう。
まずは、初心者向けに講習会がある。そこでしっかり知識を得よう。
体験できる場所もある。装備もレンタルできるようである。
とりあえずやってみたい、という方はきちんとした指導の下に経験してみることをお勧めする。
しかし、ある程度の登山とクライミングの経験は必要である。まずはそこから始めよう。
そして、アイスキャンディーでプロの指導の下に体験してみよう。
きっと世界観が変わることだろう。

おすすめリンク

スキーツアー格安のものと他のツアーとの違い

なぜこんなに安く行けるの?スキーツアー格安のものと他のツアーとの違いについて比較してまとめています。

日帰りスキーツアーの1日のスケジュールとは

日帰りスキーツアーの1日のスケジュールはどうなっているの?行く前に大体の流れを理解しておこう。

明治の宅配専用商品がおすすめ

明治の宅配サービスなら店頭で買えない商品も選べます。健康が気になり出したら見るべき情報を集めました。

諏訪で補償内容の充実したレンタカー業者

安全で安心して利用できるレンタカー業者を諏訪で探している人へ、探す時のポイントを押さえましょう。