アイスクライミングをやってみたい

>

ボルタリングとは

もともとは自然の中にある巨石を登る遊びとしてスタートした。
山や河原、海岸などに行くと巨大な石が転がっている。これをボルダーと呼びます。
これを自分の手足で登る遊びからスタートしました。
その後、人口の壁を登るクライミングジムがあちこちにでき、インドアでも楽しめるようになりました。
2020年のオリンピックでは、スポーツクライミングの中の1種目として、ボルダリングが行われることになりました。
これは、年齢、性別、体力の強弱を問わず幅広い層の方が楽しめます。
小学校入学前のお子さんから80歳代の方でも可能だそうです。
初心者向けから上級者向けまでたくさんの課題があるのでレベルに合わせて楽しむことができます。
必要な装備がないのも魅力です。

ロッククライミングとは

ロッククライミングとは、その名の通り岩を登ること。目的によって二つに分かれます。
一つ目は特定の山の山頂を目指すタイプ、二つ目は登ること自身を楽しむタイプです。
登り方にも種類があります。
一つ目はエイドクライミング。ハーケンやはしごを使って岩壁を登っていくもの。
山頂を目指すロッククライミングもこの一種です。
二つ目は、フリークライミング。安全を守るための命綱以外は道具を使うことなく、技術と体力だけで岩壁を登るもの。
もう一つは今回のテーマ、アイスクライミングです。登り方は道具を使う方法です。
必要なものはクライミングシューズ、マット、チョークです。
マットは安全のための折り畳みのマットです。チョークは指の滑りを防ぐための粉、ブラシは、そのチョークの後を消すために使います。
充分に安全に気を付けて登ることをお勧めします。


まずはクライミングを経験してみよう

この記事をシェアする